• 順市

はやくおとなになりたい




ヒキガエルはおたまじゃくしの期間が短いです。

ヒキガエルは、日本の他のカエル(アカガエル科、アマガエル科)のようにオタマジャクシの形で体を大きくしながら時間をかけて変態するのではなく、まだ小さなオタマジャクシのうちからいきなり手足が生えてきて、それらが生え揃うや否や、すぐさま陸上へ移動するのです。

どうやら、はやくおとなになりたいようです。そしてなるべく丘で暮らしたいようですね。

陸へ上がるときは、他のカエルのオタマジャクシに比べても小さいので、一匹では上がらず、なるべく同じ頃に生まれた仲間と一緒に集団で陸上へ移動するようです。少しでも大きな生き物に見せて、天敵に襲われないようにするための知恵なのでしょう。

19回の閲覧